アレルギー性炎症を抑える薬剤

アレルギー性炎症を抑える薬剤に「ステロイド剤」があります。

 

ステロイド剤とは「副腎皮質ステロイド薬」というものです。

 

腎臓にくっついている「副腎」という臓器の、
最も外側の部分が副腎皮質で、
ステロイド薬は、この副腎皮質から分泌される
副腎皮質ステロイドホルモンとおなじ働きをします。

 

ステロイドは、ホルモンと呼ばれる生体物質のひとつです。

 

ホルモンは、常に体の中を循環し、
いろいろな臓器や細胞に働きかけ、それらの機能を調節しています。

 

そして、ステロイドホルモンは、
体にいろいろなストレスが加わったときには、
ストレスに伴うからだの変調を整えてくれます。

 

また、水分やミネラルの調整、血糖の調整などの作用も担っています。

 

ですから、ステロイドホルモンは、
体にとってなくてはならない重要なホルモンです。

 

そして、いくつかのステロイドホルモンが微妙に調整し合っています。

 

ストレスに伴う反応を調整するのがステロイドです。

 

ですから、いろいろな免疫を抑える、
とても強い働きがあります。

 

この強い、抗炎症作用が、薬剤としてとても有効なのです。

 

他のホルモンの作用をなるべく少なくし、
抗炎症作用を強くするために、
今までに、さまざまなステロイド薬が化学的に合成されてきました。

 

近年は、内科や外科を問わず、
全ての医学分野で抗炎症薬としていろいろなタイプのステロイドが、
薬剤として用いられています。

 

アレルギー性の炎症に対しても、
ステロイド剤はとても効果があります。