アトピー性皮膚炎のスキンケア

アトピー性皮膚炎のスキンケアは、
清潔にし、保湿薬などを使って、
皮膚を滑らかにすることが大切です。

 

アトピー性皮膚炎になっている肌は、
肌が乾燥していて、ガサガサしています。

 

そして、少しの刺激でもかゆみが出て、
つい、掻いてしまいます。

 

?いてしまうと、ひっかき傷に細菌が付きやすくなり、
細菌の刺激によって、さらにかゆみが出てしまいます。

 

アトピー性皮膚炎になっている肌は、
とても敏感で刺激に弱くなっていますから、
正しい知識を得て、正しいスキンケアを行うようにしましょう。

 

(1) 清潔

 

皮膚を清潔に保つことはとても大切です。

 

毎日、入浴、或いはシャワーを浴びるようにしましょう。

 

石鹸やシャンプーを使用するときは、
洗浄力が強く皮膚への刺激が強いものは避けるようにし、
しっかり泡立てて、強くこすらないように優しく洗います。

 

すすぎは念入りに行うようにします。

 

特に子どもでは、シャンプーや石鹸が
十分にすすげていないことがあるので、
注意してあげてください。

 

高い湯温だと、かゆみを感じるので、
刺激となるような高い温度の湯は避けましょう。

 

入浴後にほてりを感じさせる入浴剤や沐浴剤も
かゆみを増強させる原因となるので使用を避けます。

 

必要に応じて、入浴後は、外用薬を塗りましょう。

 

(2) 保湿

 

皮膚が乾燥すると、アトピー性皮膚炎のかゆみが強くなります。

 

ですから、保湿薬をしっかりと塗り、
皮膚の保湿を心がけるようにケアをすることが必要です。

 

入浴やシャワーの後の保湿は、タオルで水気を拭いたら、
なるべく早く、できれば5分以内に行うようにしましょう。

 

使用感によい保湿薬を選ぶようにしましょう。

 

アトピー性皮膚炎の症状が軽いときは、
保湿薬のみで症状が改善することがあります。

 

(3) その他

 

毎日お掃除をして、室内の清潔を保ち、
加湿器などを使用しながら、適温・適湿を保つようにしましょう。

 

新しく購入した下着は、使用する前に一度洗濯をするとよいでしょう。

 

洗濯の際の洗剤も、できれば界面活性剤の含有量が
空くないものを選ぶとよいです。

 

アトピー性皮膚炎は、寝ている間など、
無意識に?いてしまうことも多いため、
気づいたら?破していたということもあります。
そうならないように、爪を短く切り、
?破によって皮膚が傷つかないようにしましょう。

 

タートルネックのセーターや、毛糸の洋服は
かゆみの刺激になりますから、着ないようにしたほうがよいですね。