抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬の副作用を利用する

アトピー性皮膚炎になると、かゆみが強くて眠れないことも多いです。

 

そのため、高齢者等では睡眠薬を処方することなどがあります。

 

また、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬の副作用を利用して、
眠気を起こす作用の強い抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を処方し、
寝る前に飲んでもらうようにすることもあります。

 

アトピー性皮膚炎は、なかなか完治というわけには行かない病気です。

 

そして、かゆみは、生活の質(QOL)を下げます。

 

夜、かゆみのために眠ることができなければ、
昼間の生活にも大きく支障が出ます。

 

そこで、生活の質を良くするという観点から、
抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬の副作用を利用するという方法も、
良い治療法のひとつとして選択することができます。

 

夜飲む薬を、就寝の一時間前にするというだけですから、
患者さんにも負担がありません。