薬物療法の基本例

薬物療法の基本例の紹介です。

 

十分な効果が得られないときはステップアップし、
十分な効果が認められた場合はステップダウンします。

 

 

軽症

 

・外用薬

 

乳児〜成人: ステロイドを含まない外用薬
       必要に応じてマイルド以下のステロイド外用薬

 

・内服薬

 

必要に応じて抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬

 

中等症

 

・外用薬

 

乳児〜1歳: マイルド以下のステロイド外用薬

 

2〜12歳: ストロング以下のステロイド外用薬

 

13歳〜成人: ベリーストロング以下のステロイド外用薬

 

・内服薬

 

抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬

 

重症

 

・外用薬

 

乳児〜1歳: ストロング以下のステロイド外用薬

 

2〜12歳: ベリーストロング以下のステロイド外用薬

 

13歳〜成人: ベリーストロング以下のステロイド外用薬

 

・内服薬

 

抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬

 

最重症

 

・外用薬

 

乳児〜1歳: ストロング以下のステロイド外用薬

 

2〜12歳: ベリーストロング以下のステロイド外用薬

 

13歳〜成人: ベリーストロング以下のステロイド外用薬

 

・内服薬

 

抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬

 

必要に応じてステロイド内服(原則として一時入院)