ステロイド薬は医師と相談しながら使う

ステロイド薬は、いろいろな副作用が起きるリスクがあります。

 

ですが、今の段階で、ステロイド薬よりも優れた
抗炎症作用を持つ薬がありません。

 

ですから、ステロイド剤を使わなければ、
命に関わる重大な事態に陥ることもあります。

 

患者さんの中には、ステロイドの副作用が怖いから、
ステロイドは使いたくないという人もいますが、
命に関わるような重大な事態に陥らないためにも、
多少の副作用であれば、それを承知しながら
ステロイド薬を使っていく必要があることを理解することが必要です。

 

ステロイド薬の副作用に関しては、
十分研究が進み、副作用が起きたときの対処法に関しても、
きちんと分かっています。

 

もちろん、医師がその知識をしっかり持っていますし、
患者さんと医師が相談しながら、
「ステロイドのランクが弱いものに切り替える」ことや、
「毎日使っていたものを一日おきにする」など
投与方法を変えていくこともできます。

 

皮膚科専門医は、ステロイド薬の効用と副作用を
十分に理解し、その両者を考慮しながら、
効率よく治癒できるような処方をしているはずです。

 

ですから、不安がある場合は、医師に相談し、
医師との信頼関係を元に治療していくことが大切です。

 

ステロイド薬を使用しているときに副作用が出ると、
自分の判断で薬の量を減らしたり、辞めてしまう人もいます。

 

ですが、自分の判断で行うのは危険です。

 

ステロイド薬を使っているときは、
その状態に体がなれているので、
突然ステロイド薬をやめると、急な変化に体が対応できず、
一気に病気が悪化してしまうことがあります。

 

薬をやめたことによっておきる変化、病気の悪化を
「リバウンド現象」といいます。

 

リバウンド現象を防ぐためにも、医師の管理のもとで
薬を買えたり、量を減らし、徐々に体を慣らしていくことが必要です。

ステロイド薬は怖くない!

ステロイドの塗り薬を塗ると、「皮膚がボロボロになる」とか、
「かえって悪化する」とか、「キレイに治らなくなる」、
「悪魔の薬」などという話をよく耳にする人も多いと思います。

 

インターネットを見ていても、そのような情報が多くあり、
民間療法がすすめられるなどしています。

 

ですが、ステロイド薬は、正しく使えば、
決して恐ろしい薬ではなく、「悪魔の薬」ではありません。

 

不安があれば、気軽に医師や薬剤師に相談し、
ステロイドの優れた作用を、より効果的に引き出すことが大切です。

 

ステロイドの歴史は古く、
副作用については十分研究が進んでいますから、
歴史が浅く、副作用がはっきりしない薬に比べれば
ずっと安心して使うことができます。

 

もちろん、副作用がない薬が理想的です。

 

ですが、ステロイド薬だけでなく、
全ての薬には薬効があり、同時に副作用があります。

 

ステロイドが発見され、その開発が進んだことで、
人の病気の治療は飛躍的に進歩し、その恩恵を受けた人はたくさんいます。

 

副作用だけに注目するのではなく、
正しく評価し、判断するべきでしょう。