アトピー性皮膚炎の病院での治療と民間療法の違い

医師から処方された薬は、
自分の症状をコントロールし、
日常生活を無理なく快適に過ごすための薬であることを自覚し、
きちんと塗って貰いたいものです。

 

アトピー性皮膚炎の治療は、本当に大変で、
体質的な皮膚炎でもあることから、
良くなったり悪くなったりを繰り返します。

 

ですから、学校や仕事に支障がないように、
アトピー性皮膚炎の症状をコントロールすることが欠かせません。

 

今の段階では、アトピー性皮膚炎の治療に関して
「これで絶対治る!」という治療の王道がありません。

 

そのような中、無理をして、いろいろな民間療法を試し、
悪化してしまう人もいます。

 

なかなか治らないアトピー性皮膚炎に対して、
早く治したい、早く治そうという気持ちがせいてしまいがちです。

 

すると、結局、アトピー性皮膚炎の病気の性質を理解しないままに、
人から良いと聞いたり、さまざまな情報に踊らされてしまい、
民間療法にチャレンジしたくなってしまいます。

 

皮膚は強い再生能力を持っていますが、
間違った治療によってあまりにも皮膚炎が悪化してしまうと、
もう後戻りできなくなり、
酷い場合は一生治らなくなってしまうこともあります。

 

アトピー性皮膚炎の症状には個人差があります。

 

症状が軽い人、症状がコントロールしやすい人、
お薬が効きやすい人などさまざまですし、
いつまで経っても重症のまま軽快しない人もいます。

 

ですが、ほとんどの人がいずれ軽快し、
治まっています。

 

患者さん自身の免疫力が病気を克服するからこそ、
いずれ軽快するのでしょう。

 

治療のゴールを焦って決めても、
なかなか軽快せず、それがストレスになってしまい
さらに悪化を招くこともあります。

 

まず、アトピー性皮膚炎を悪化させないように、
うまく症状をコントロールすることを心がけてみてはいかがでしょか。

 

症状をうまくコントロールするためには、
十分な臨床試験が重ねられた、
科学的に効果がある抗ヒスタミン薬や、
抗アレルギー薬、保湿薬、ステロイドの塗り薬があります。

 

これらの薬は、副作用についても十分に分かっているので、
対策や注意事項もきちんとしています。

 

どのような副作用があるのかも分からない得体の知れない、
そして、臨床的や科学的な裏づけのない、
民間療法や治療法に手を出してしまうのは、
とても怖いことではないでしょうか。

 

患者さん本人や、患者さんが子どもの場合は世話をする大人が、
アトピー性皮膚炎という病気の性質を十分に理解し、
薬に対する知識を持つことがとても重要です。

 

そして、医師との信頼関係を築いた上で、
継続した治療をきちんと行っていくことが必要です。