アトピー性皮膚炎の治療は根気が必要

アトピー性皮膚炎の人は、強いかゆみに襲われ、
とても苦労していると思います。

 

アトピー性皮膚炎は、
肌が乾燥しやすい皮膚の機能異常があったり、
乾燥肌の体質であったり、
もともとアレルギー体質だったりすると発症しやすいです。

 

また、汗をかいたり、気温の変化が激しかったり、
精神的に疲労やストレスがたまっているなど、
さまざまな原因が元になって発症します。

 

アトピー性皮膚炎という病気はとても複雑で、
簡単に治すことができず、
この薬を使ったら完全に治る!とか、
この治療法だったら、だれでも治すことができる!
という治療法がありません。

 

ですから、アトピー性皮膚炎は、
発症の原因となるものをなるべく排除し、
コツコツと治療を続けながら、症状をコントロールし、
ひどくならないように気をつけていくしかありません。

かゆみとヒスタミン

アトピー性皮膚炎は、即時型のアレルギー反応と、
遅延型乗れるぎー反応の両方が混在します。

 

そして、いろいろな要因が、
アトピー性皮膚炎の辛いかゆみを引き起こすと考えられています。

 

かゆみを起こす生体物質はいろいろありますが、
その代表として挙げられるのは「ヒスタミン」です。

 

ヒスタミンとは

 

ヒスタミンは、くしゃみや鼻水、
かゆみなどを引き起こす原因だといわれている物質です。

 

このヒスタミンは、免疫系に強く関わっていて、
免疫系から命令を伝達するための物質のひとつです。

 

ヒスタミンは、主に肥満細胞で産生され、
細胞内に貯蔵されています。

 

そして、肥満細胞は細胞膜にIgEを結合することができます。

 

アレルゲンとなるものが体内に入ると、
アレルゲンは対応するIgEに結合するので、
肥満細胞の膜にあるIgEとくっつきます。

 

この刺激により、
細胞の中に貯蔵されていたヒスタミンが過剰に放出され、
くしゃみや鼻水などといっしょに、
その物質を排出しようとするのです。

 

これがアレルギー反応です。

 

そして、症状が酷い場合は、
アレルギー反応にとどまることなく、
血管の拡張や血圧効果などの症状が出ることもあります。

 

蕁麻疹が起きる仕組み

 

蕁麻疹がおきるのも、アレルギー反応です。

 

肥満細胞は、血管の周りに多く、
その周囲には神経もたくさん張り巡らされています。

 

ヒスタミンは、レセプターに結合します。

 

レセプターとは、血管や神経などの受容体のことですが、
ヒスタミンのレセプターには、たくさんのい種類があり、
その中でも、アレルギーに関連の深いH1レセプターに結合します。

 

ヒスタミンがH1レセプターに結合すると、
その刺激が細胞全体に伝達され、
血管のH1レセプターも刺激を受けて血管が開き、
血管内の血液成分が血管の外に漏れ出ます。

 

そうすると、その周囲の組織がむくみます。

 

このとき、かゆみも発生しますが、
神経から血管にも信号が伝わって血管が開き、
血流が増えた状態になります。

 

これが、盛り上がったかゆみのある湿疹、
つまり蕁麻疹です。

 

ただし、肥満細胞からヒスタミンが過剰に分泌されるのは、
アレルゲンが体内に入り、IgEが作用したときだけではありません。

 

たとえば、気温の変化、圧迫による刺激、汗、食物、
精神的なストレスなどの刺激によってもヒスタミンが過剰分泌されます。

 

そのため、いろいろな場面で、蕁麻疹が起きるのです。

アトピー性皮膚炎と抗ヒスタミン薬と抗アレルギー薬

アトピー性皮膚炎のお薬といえば、「抗ヒスタミン薬」です。

 

抗ヒスタミン薬とは

 

抗ヒスタミン薬とは、
ヒスタミンがヒスタミンの受容体と反応するのを
防ぐ働きがあるお薬のことです。

 

受容体との反応を防ぐことができれば、
アレルギー反応が起こりません。

 

ですから、アトピー性皮膚炎では、
かゆみを抑えることができ、アレルギー性の炎症を和らげることができる
抗ヒスタミン薬の内服薬がよく処方されるのです。

 

抗ヒスタミン薬の役割

 

抗ヒスタミン薬には、H1レセプターをふさいでしまうため、
ヒスタミンは作用を発揮することができなくなります。

 

そうすると、血管も開きませんし、血流も増加しませんから、
かゆみも起こらず、皮膚の赤みも現れません。

 

蕁麻疹のお薬としては、特効薬ともいえることができます。

 

このような作用を「抗ヒスタミン作用」といいます。

 

ただし、抗ヒスタミン作用が、働かない人もいます。

 

蕁麻疹の特効薬として効果を得ることができる人もいるのですが、
人は十人十色で千差万別で、まったく効果が得られない人も入るのです。

 

特に、慢性的な蕁麻疹になると、
一種類の抗ヒスタミン薬では効果がないことが多いです。

 

このような場合は、数種類の抗ヒスタミン薬を服用し、
薬効を高めるという方法がとられます。

 

また、抗ヒスタミン薬を服用し、H1レセプターをふさぐことができたとしても、
数時間すれば、元通りになってしまい、ヒスタミンが作用できるようになります。

 

ですから、抗ヒスタミン薬は、一日に2〜3回飲むことになります。

 

しかし、近年、一日1回飲めば十分に効果が得られる抗ヒスタミン薬が開発されています。

 

このような長く効果を得ることができる薬を、
「長期作用型抗ヒスタミン薬」といいます。

 

抗アレルギー薬

 

肥満細胞が分泌しているのはヒスタミンだけでなく、
さまざまな生体物質を作って分泌しています。

 

そして、ヒスタミン以外の生体物質にも、
かゆみを発生させたり、
アレルギー性炎症を悪化させてしまうものがあります。

 

このような生体物質が、
肥満細胞から分泌されるのを抑えるためのお薬も
アトピー性皮膚炎の治療には必要となってくることがあります。

 

抗ヒスタミン薬の中には、抗ヒスタミン作用のほかにも、
肥満細胞から生体物質が分泌されるのを防ぐ働きがあるお薬もあります。

 

このような薬剤を「抗アレルギー剤」と呼びます。